またもや年金ドロボー 職員宿舎に61億円 – BLOGOS – BLOGOS

Home » 0政党 » 民進党(旧民主党) » またもや年金ドロボー 職員宿舎に61億円 – BLOGOS – BLOGOS



シンクロナイズド・官僚答弁。同時に同じ資料を手に説明を試みる厚労省の役人。漫才師も顔負けするほどコミカルだった。 =5日、参院会館 写真:筆者=

シンクロナイズド・官僚答弁。同時に同じ資料を手に説明を試みる厚労省の役人。漫才師も顔負けするほどコミカルだった。 =5日、参院会館 写真:筆者=

 老後の命綱である年金が日本年金機構の職員宿舎の建設費用に充てられていたことが、民主党の追及で明らかになった。

 流用された年金の総額は61億円で、全国48か所の宿舎建設に使われていた。

 繰り返される年金不祥事で民主党が、きょう、国会内で日本年金機構、厚労省、総務省、財務省からヒアリングした。

 総務省や財務省を呼んだのは、厚労省が「財務省や総務省とも相談しないと・・・」と かわそう とするからだ。

 宿舎の入居率は66% 。34%は空き部屋なのである。流用(実態はネコババ)された60数億円の3分の1は無駄になっているのである。

年金が投入された職員宿舎の一覧表をかざしながら追及する山井議員。 =5日、参院会館 写真:筆者=

年金が投入された職員宿舎の一覧表をかざしながら追及する山井議員。 =5日、参院会館 写真:筆者=

 宿舎は社保庁時代に建てられたものだ。大量の空き部屋が出た後も放置し続けた日本年金機構の責任が、いま問われている。

 もっと呆れた実態も明らかになった。宿舎に入居しない職員は、家賃の7割もの住宅補助をもらって民間住宅(戸建て、マンション)に住んでいるというのだ。家賃補助の総額は13億円にも上る。

 消えた年金問題(2007年発覚)の際、ゴルフ用具やカラオケセットの購入に使われていたことが発覚し、世の批判を浴びた。

 今度は土地と建物である。ゴルフやカラオケセットなんて可愛いものだ。年金ドロボーに反省は見られないようだ。

 民主党議員に追及されると、厚労省の官僚は「宿舎は福利厚生施設でして・・・」とゴマカソウとした。

 財務副大臣を務めた藤田幸久議員にゴマカシはきかなかった。藤田議員は「国家公務員宿舎は福利厚生目的じゃない。あくまでも緊急参集、職務のため」と指摘した。

「(宿舎の入居率は)所管していなかったので検討していない」。関わりたくないという態度がありありの財務省・理財官僚。下を向きながら答弁した。 =5日、参院会館 写真:筆者=

「(宿舎の入居率は)所管していなかったので検討していない」。関わりたくないという態度がありありの財務省・理財官僚。下を向きながら答弁した。 =5日、参院会館 写真:筆者=

 きょうのヒアリングでは、厚労省が年金を株式市場につぎ込み巨額の損失を出していることも追及された。拙稿『「アメリカ強欲資本」に吸い取られる日本国民の老後』でも指摘している。

 山井和則議員が口火を切った ―

 「リーマンショック以上の運用損が出た※。官製相場で年金の株式運用比率を上げたからじゃないのか?」「10月からはジャンク債にもつぎ込んでいるが、理論上はギリシャ国債にも運用できるようにした、ということなのか?」

 厚労官僚はゴニョゴニョと回りくどいことを言いながらも「運用会社が判断する。可能性としてはある」と認めた。

 これには津田弥太郎議員が釘を刺した。「多くの国民はハイリスク、ハイリターンを求めていない」と。

 国民は老後のためと思って せっせと 年金を納めてきた。

 ところが実際はアメリカ様と官僚様を肥らせるために充てられていたのである。

  ~終わり~
 
※リーマンショック時の日本の金融機関が被った損失が10兆円余りと見られる。(IMF推計などに基づく)

『田中龍作ジャーナル』は読者のご支援により維持されています





コメントを残す